米国株の執行方法を忘れやすいので日本語で整理

A market order is an order to buy or sell a security immediately. This type of order guarantees that the order will be executed, but does not guarantee the execution price. A market order generally will execute at or near the current bid (for a sell order) or ask (for a buy order) price. However, it is important for investors to remember that the last-traded price is not necessarily the price at which a market order will be executed.
成行: Market Orderは売買を直ちに行う発注方法です。この場合、必ず執行はしますが、執行価格が何になるかは分かりません。

A limit order is an order to buy or sell a security at a specific price or better. A buy limit order can only be executed at the limit price or lower, and a sell limit order can only be executed at the limit price or higher. Example: An investor wants to purchase shares of ABC stock for no more than $10. The investor could submit a limit order for this amount and this order will only execute if the price of ABC stock is $10 or lower.
指値: Limit Orderとは、特定の執行価格またはそれよりも良い執行価格で約定させる発注方法です。例えば買いの場合、Limit Priceかそれより低い価格で約定が行われます。

A stop order, also referred to as a stop-loss order is an order to buy or sell a stock once the price of the stock reaches the specified price, known as the stop price. When the stop price is reached, a stop order becomes a market order.
指値: ストップロスとも呼ぶ。指値注文が現在よりも有利なレートを指定するのに対し、逆指値は、現在のレートよりも不利なレートを指定して発注する注文方法です。市場価格に抵触した瞬間にMarket Order(成行)で発注が行われます。
A buy stop order is entered at a stop price above the current market price. Investors generally use a buy stop order to limit a loss or protect a profit on a stock that they have sold short. A sell stop order is entered at a stop price below the current market price. Investors generally use a sell stop order to limit a loss or protect a profit on a stock they own.
投資家は一般的に、リスクを限定する目的で逆指値を置きます。

www.investor.gov

今面白い変わり種の米国REITを10銘柄

(1) American Tower Corporation (AMT)
時価総額:$60.3十億ドル
配当利回り:2.0%
・主に電波塔の運営を16カ国で行う
・USにおいてはVerizon, AT&Tの5Gサービス展開をサポートする戦略
・配当性向40%を保ちつつ、今年は前年比120%の配当を予想

(2) CorEnergy Infrastructure Trust (CORR)
時価総額:$458.6百万ドル
配当利回り:7.7%
・パイプライン等のエネルギー関連インフラに投資
天然ガスパイプライン、液化ガス保管システム、海洋原油パイプラインなどを全米に保有
・エネルギー事業に必須かつ参入障壁が高い設備に重点的に投資

(3) CoreSite Realty (COR)
時価総額:$3.6十億ドル
配当利回り:3.6%
・全米にデータセンターを20物件保有。1,200以上の顧客基盤
・23%の堅調なFFO成長率

(4) Crown Castle International (CCI)
時価総額:$41.9十億ドル
配当利回り:4.0%
・全米に携帯電話向け電波塔を運営
・14%のFFO成長率、アナリストレーティングも押しなべて強気

(5) Digital Realty Trust (DLR)
時価総額:$21.5十億ドル
配当利回り:3.5%
・世界で205物件のデータセンターを運営
・設備更改のための資産売却は過去3年で3億ドルにのぼる
・13年連続増配

(6) Gladstone Land (LAND)
時価総額:$177.8百万ドル
配当利回り:4.2%
・全米に農地を所有。特にフルーツや野菜用地に注力しており、これらは価格変化がコモディティ(コーン等)に比べて穏やかと言われる
・賃料は年約9%の上昇中、収益は2013年から6倍へ

(7) Hannon Armstrong Sustainable Infrastracture (HASI)
時価総額:$1.0十億
配当利回り:6.7%
ソーラーパネル、風車などの再生可能エネルギーに投資
・特に風車の利用量が収益成長のカギとなる。またソーラーパネルもコスト競争力がつき始めている
・配当は年26%のペースで増加中

(8) Iron Mountain (IRM)
時価総額:$9.7十億ドル
配当利回り:6.7%
・世界で1,400物件のデータセンターを運営。Fortune 1000企業の95%が顧客
・2018年中はM&Aにより新興国へも進出の見込み

(9) Lamar Advertising Company (LAMR)
時価総額:$6.6十億ドル
配当利回り:5.3%
ビルボードや空港ターミナル内の広告などを保有する、全米最大規模の屋外広告企業
・北米で15万物件近いビルボード保有
プエルトリコのハリケーンの影響で収益鈍化も、中間選挙を前にした選挙広告等で巻き返す見込み

(10) Weyerhaeuser(WY)
時価総額:$27.6十億ドル
配当利回り:3.5%
・北米で森林用地を保有する最大規模の事業者
ウルグアイからは撤退し、ポートフォリオの簡素化

このページは以下の記事の和訳概要版です
www.kiplinger.com

メモ帳で職場のスクリーンセーバーを無効化する

職場のパソコンというものは、通常何らかのセキュリティが講じられています。例えば小職が前にいた会社では、5分おきに強制的にスクリーンセーバーがかかってしまい、ちょっと目を離した隙にPCがロックされる面倒が発生していました。理由があってのセキュリティではあるのは間違いないですが、それも度が過ぎると非効率の根源です。開発環境を自由に入れられない職場ですが、C#コンパイラWindows標準でついてくることが分かりましたので、暇つぶしにスクリーンセーバーを起動させないexeを調べながら作ってみました。

コンパイルのやりかた
C:\Windows\Microsoft.NET\Framework\v2.0.50727\csc.exe /target:winexe C:\temp\ScreenSaverKiller.cs


ScreenSaverKiller.cs

using System;
using System.Drawing;
using System.Collections;
using System.ComponentModel;
using System.Windows.Forms;
using System.Data;
using System.Text;
using System.Diagnostics;
using System.Runtime.InteropServices;

namespace WindowsApplication1
{
    public class Form1 : System.Windows.Forms.Form
    {
        private System.Windows.Forms.Label label1;
        private System.Windows.Forms.Timer timer1;
        private System.Windows.Forms.Button button1;
        private System.ComponentModel.IContainer components;

        public Form1()
        {
            InitializeComponent();
        }
        protected override void Dispose(bool disposing)
        {
            if (disposing)
            {
                if (components != null)
                {
                    components.Dispose();
                }
            }
            base.Dispose(disposing);
        }


        #region Windows Form Designer
        private void InitializeComponent()
        {
            this.components = new System.ComponentModel.Container();
            this.label1 = new System.Windows.Forms.Label();
            this.timer1 = new System.Windows.Forms.Timer(this.components);
            this.button1 = new System.Windows.Forms.Button();
            this.SuspendLayout();

            this.label1.Font = new System.Drawing.Font("MS UI Gothic", 36F, System.Drawing.FontStyle.Regular, System.Drawing.GraphicsUnit.Point, ((System.Byte)(128)));
            this.label1.Location = new System.Drawing.Point(16, 16);
            this.label1.Name = "label1";
            this.label1.Size = new System.Drawing.Size(384, 64);
            this.label1.TabIndex = 0;
            this.label1.Text = "label1";
            this.label1.TextAlign = System.Drawing.ContentAlignment.MiddleCenter;

            this.timer1.Enabled = true;
            this.timer1.Interval = 10;
            this.timer1.Tick += new System.EventHandler(this.timer1_Tick);

            this.button1.Location = new System.Drawing.Point(109, 96);
            this.button1.Name = "button1";
            this.button1.Size = new System.Drawing.Size(192, 32);
            this.button1.TabIndex = 1;
            this.button1.Text = "Move cursor to the center";
            this.button1.Click += new System.EventHandler(this.button1_Click);

            this.AutoScaleBaseSize = new System.Drawing.Size(5, 12);
            this.ClientSize = new System.Drawing.Size(410, 144);
            this.Controls.Add(this.button1);
            this.Controls.Add(this.label1);
            this.FormBorderStyle = System.Windows.Forms.FormBorderStyle.FixedSingle;
            this.Name = "Form1";
            this.Text = "ScreenSaverKiller";
            this.ResumeLayout(false);
        }
        #endregion

        [STAThread]
        static void Main()
        {
            Application.Run(new Form1());
        }

        private void timer1_Tick(object sender, System.EventArgs e)
        {
            Point pos = Cursor.Position;
            //Cursor.Position = new Point(pos.X + 1, pos.Y + 1);
            label1.Text = Control.MousePosition.ToString();
            PreventScreenSaverFromStarting();
        }

        private void button1_Click(object sender, System.EventArgs e)
        {
            int centerX = Screen.PrimaryScreen.Bounds.Right / 2;
            int centerY = Screen.PrimaryScreen.Bounds.Bottom / 2;
            Cursor.Position = new Point(centerX, centerY);
        }

        private void PreventScreenSaverFromStarting()
        {
            INPUT input = new INPUT();
            input.type = INPUT_MOUSE;
            input.mi = new MOUSEINPUT();
            input.mi.dwExtraInfo = IntPtr.Zero;
            input.mi.dx = 0;
            input.mi.dy = 0;
            input.mi.time = 0;
            input.mi.mouseData = 0;
            input.mi.dwFlags = 0x0001; //Move (Relative)
            int cbSize = Marshal.SizeOf(typeof(INPUT));
            uint r = SendInput(1, ref input, cbSize);
        }


        #region Win32 API
        [StructLayout(LayoutKind.Sequential)]
        struct MOUSEINPUT
        {
            public int dx;
            public int dy;
            public uint mouseData;
            public uint dwFlags;
            public uint time;
            public IntPtr dwExtraInfo;
        }

        const int INPUT_MOUSE = 0;

        [StructLayout(LayoutKind.Sequential)]
        struct KEYBDINPUT
        {
            ushort wVk;
            ushort wScan;
            uint dwFlags;
            uint time;
            IntPtr dwExtraInfo;
        }

        [StructLayout(LayoutKind.Sequential)]
        struct HARDWAREINPUT
        {
            uint uMsg;
            ushort wParamL;
            ushort wParamH;
        }

        [StructLayout(LayoutKind.Explicit)]
        struct INPUT
        {
            [FieldOffset(0)]
            public int type;
            [FieldOffset(4)]
            public MOUSEINPUT mi;
            [FieldOffset(4)]
            public KEYBDINPUT ki;
            [FieldOffset(4)]
            public HARDWAREINPUT hi;
        }

        [DllImport("user32.dll", SetLastError = true)]
        static extern uint SendInput(uint nInputs, ref INPUT pInputs, int cbSize);

        [FlagsAttribute]
        public enum EXECUTION_STATE : uint
        {
            ES_SYSTEM_REQUIRED = 0x00000001,
            ES_DISPLAY_REQUIRED = 0x00000002,
            ES_CONTINUOUS = 0x80000000,
        }

        [DllImport("kernel32.dll", CharSet = CharSet.Auto, SetLastError = true)]
        static extern EXECUTION_STATE SetThreadExecutionState(EXECUTION_STATE esFlags);
        #endregion
    }
}

メモ帳でソースコード(ScreenSaverKiller.cs)をコピペし、適当な場所に保存。そしてコマンドプロンプトcscを使ってコンパイルすれば、exeファイルが出来上がります。コンパイルが通らなかったらすみません。私の環境では一応動いてます。これで5分おきにマウスを動かさなくても良いですね!

f:id:tranche:20180702095622p:plain
スクリーンショット

node.js+Puppeteerによる動的ページのスクレイピング

最近のかっこいいWebとかだと、どういう仕組みかは分からないけど動的にデータが作られていて、htmlソースを見てもスクレイピングできないことがよくある。
西友のお墨付きブランドのページも、なかなか洗練されている(DeNAが作ったらしい?)。だけど商品情報をスクレイピングしようとしても、ソースコードには何も書いてないから、僕が得意な普通のVBAではうまくいかない。
西友 - プライベートブランド みなさまのお墨付き | SEIYU

あれこれ悩んで数か月、ようやく解決方法が見つかった。Puppeteerという、node.jsで動かせるChromeのヘッドレスブラウザを使うといい。これはすごくて、スクレイピング以外にもスクリーンショットなども取れる。
対象ページから抽出したいタグは、普通のChromeでInspectを選ぶことで見られると思う。node.jsはよく分からなかったけど、見よう見まねでDQNコードを作って一応動いている。非同期のところが癖があって難しかった。
はじめの一歩だから、多分すっごく汚いコードなんだろうけど、何個か作りながらnode.jsのこととかちゃんと理解できたらいいなと思う。

node.jsの最新バージョン(async対応)と、puppeteerが必要
node script.jsで実行


script.js

const fs = require('fs');
const assert = require('assert');
const puppeteer = require('puppeteer');

const len = 1500;
const sequential = new Array(len)
    .fill(1)
    .map((n, i) => n + i);
console.log(sequential.join(','));

loop(sequential);

async function loop(v) {
	for (let n of v) {
		await hoge(n);
	}
}

async function hoge(n){
	const browser = await puppeteer.launch();
	const page = await browser.newPage();
	await page.goto('http://●●.●●●●●.●●.jp/#item_' + n);
	console.log('http://●●.●●●●●.●●.jp/#item_' + n)
	//await page.screenshot({path: 'example.png'});

	const Names = await page.evaluate(() => {
		var array = [];
		var el = document.querySelector('div.bdr')
	        var node = el.querySelectorAll("p.name, p.price, p.area, div.dsc, div.rating");
		for(item of node){
	        	array.push(item.innerText);
	        }
	        return array;
	});
	browser.close();
	//assert(fs.existsSync('example.png'));
	fs.appendFile('writetest.txt', n + ',' + replaceElement(Names) + '\n', function (err) {
	    //console.log(err);
	});
}

function replaceElement(array) {
  for(var i=0; i<array.length; i++){
    array[i] = array[i].replace(/\r?\n/g,"");
  }
  return array;
}

俺の語彙数は推定8,000語だって

WeblioとTest your vocabの両方で試してみた。
Test you vocabだと7,810語。Weblioの方は何度やってもLevel 13~14(7001語~8000語 :特待生)で止まるから、結果は概ね正しいのだろう。Guessで回答しているのもあるし。これはネイティブの小学生低学年レベルといわれている。

ということは5年前に取った英検一級は殆どまぐれだったということになる(はっきりいって語彙パートは勘で5割くらい取れてしまう試験だった)。MBA留学していてこの語彙数はちょっと少ないよな。これまでずっと単語はないがしろにしてきたけど、本を読むのに時間がかかるとか知的な文章が書けなかったりして、最近すごい弊害を感じている。

年末までにボキャビルを少し頑張ってみようと思う。

testyourvocab.com
どのレベルの語彙まで覚えるべきか?

VBAで手っ取り早くWebスクレイピング

某企業のインターンシッププライベートブランドの研究をしたことがあり、前々からWebスクレイピングに興味があったので、例によってExcelVBAで簡単なコードを書いて、セブンプレミアムの一覧表を作りました。セブンのWebページはURLが定型化(0~9999までのID)されており、普通にFor文をぶん回すという荒業で対応できます。要するにセブンのページに1万回アクセスするのがマクロの趣旨です。IDが不規則な場合には、まず商品一覧からID表をスクレイピングして、それをもとにもう一回内容を取りに行くという二段階になります。

1万回といった大量のアクセスを迷惑行為ととらえるかどうか。例えば2010年の岡崎図書館事件では、サーバーダウンが発生し作成者が逮捕され物議をかもしました(そののち起訴猶予処分)。私の見解としては、1万回程度のアクセスの単発実行であれば、スクリプトの作りにもよるが今どきのサーバーが落ちる可能性は薄いと考えています。クローリングという行為自体はグーグルやアマゾンのような大企業から、有象無象の個々人まで好き勝手にやっている現状であり、インターネットの自由空間では問題が無いと思います。しかしもしサーバーをダウンさせてしまうことになれば、たとえ法的な処罰を受けなくとも、誰かに迷惑をかけることになってしまいます。従って、以下ソースの利用は自己判断・自己責任で行ってください。以下のソースは、セブンに迷惑がかからないように、URLの一部をマスキングしています。

Excel VBAはどの会社でも使えるから最強の実行環境だと思います。でもソースも汚いし、VBAを沢山書いたからといってプログラマとしての成長にはつながりません。私はこれまで、あくまで事務職の立場から、以下にコピペ等で速く情報を処理できるかを考えてVBAを書いてきました。会社ではそういう態度を続けていくとして、プライベートではもう少し良い言語を学びたいものです。

セブンHDツールプレミアム.xlsm

Sub testIE2()
Dim ws As Worksheet
Dim i, j As Long
Dim countURI, countNextClm As Integer
Dim objIE As InternetExplorer 'IEオブジェクトを準備
Set objIE = CreateObject("Internetexplorer.Application") '新しいIEオブジェクトを作成してセット
Dim el As IHTMLElement
Dim htmlDoc As HTMLDocument 'HTMLドキュメントオブジェクトを準備
Dim colTitle, colTh, colTd, colData, colImg As IHTMLElementCollection 'IHTMLエレメントコレクションを準備
Set ws = ThisWorkbook.Worksheets("Sheet1")
ws.Cells.Clear

objIE.Visible = False 'IEを表示
countURI = 1

i = 1
For countURI = 0 To 9999
    Debug.Print countURI
    objIE.navigate "https://********.jp/*******/search/detail?id=" & countURI 'IEでURLを開く
    
    Do While objIE.Busy = True Or objIE.readyState < READYSTATE_COMPLETE '読み込み待ち
        DoEvents
    Loop
    
    Set htmlDoc = objIE.document 'objIEで読み込まれているHTMLドキュメントをセット
    Set colTitle = htmlDoc.getElementsByClassName("headLine1 headLine1-line")
    Set colTh = htmlDoc.getElementsByClassName("itemDetail_td")
    Set colTd = htmlDoc.getElementsByClassName("tag color01")
    Set colData = htmlDoc.getElementsByClassName("itemDetail_leadsTxt")
    Set colImg = htmlDoc.getElementsByClassName("itemDetail_img")
    
    If colTh.Length = 0 Then
        GoTo Continue
    End If
    
    ws.Cells(i, 1).Value = countURI
    ws.Cells(i, 2).Value = colTd(0).innerText
    ws.Cells(i, 3).Value = colTitle(0).innerText
    ws.Cells(i, 4).Value = colImg(0).src
    ws.Cells(i, 5).Value = colData(0).innerText
    
    countNextClm = 6
    For Each el In colTh
        ws.Cells(i, countNextClm).Value = "'" & el.innerText
        countNextClm = countNextClm + 1
    Next el
    i = i + 1
Continue:
Next
End Sub

VBAでキー操作を送信する

※金融機関における重要書面確認は顧客の責任です。この記事に書いてあることは真似せず、必ず自分の目で確認してください!!

久々にSBI証券にログインしたら「重要なお知らせ」が溜まっていました。全部確認しないと取引できませんが、いかんせん200件近くあり、手で確認していたのでは日が暮れます。こんなものはどうせ読まないのでパソコンにやらせてしまうことにしました。

手段としてはいろいろ考えられます。比較的しっかりとしたものであればobjIEを使うのが良いのだと思うのですが、数分で作る使い捨てマクロには向きません。今回はSendKeysを使って実現することにしました。やや頼りない感じもしますが、IE以外の様々なアプリを操作することができるので、覚えておいて損はないのでしょう。

なおSendKeysの実行後、なぜかNumLockがオフになってしまいます。なんでなんでしょうね。

www.youtube.com
参考Office TANAKA - Excel VBAステートメント[SendKeysステートメント]

Sub Sample()
    Dim i As Integer
    Application.Wait [Now() + "0:00:05"]
    For i = 1 To 100
        SendKeys "+{Tab 2}"
        SendKeys "{Enter}"
        Application.Wait [Now() + "0:00:02"]
        SendKeys "{Tab 5}"
        SendKeys "{Enter}"
        Application.Wait [Now() + "0:00:02"]
    Next i
End Sub
(ご利用条件)当ブログは筆者の個人的見解を述べたものであり、筆者の所属する団体またはその公式見解とは一切関係がありません。当ブログは特定の金融商品の売買を推奨または勧誘またはあっせんするものではありません。当ブログにおいて情報提供の対価として閲覧者から金銭を徴収することはありません。当ブログの内容の正確性に関しては万全を期していますが、筆者は何らその保証を行うものではありません。投資は自己責任です。当ブログの内容をもとにして生じた損害について、筆者は一切の責任を負いません。